つまがたり

どうでもいいことを、あーでもないこーでもないと大真面目に。2児の母が、悩みながら考えたことをつづりつつ、どうにか前に進もうとするひとり語りブログです。

「生まれる」ごっこ

ある日。

無印のソファに埋もれていたとき、娘がやってきておなかに乗ってきた。

そのまま娘ごと布団をかぶれば、娘は4年のときをさかのぼって、娘はふたたび胎児になった。

 

「今、ママのおなかには赤ちゃんがいるの」

「とってもいい子なのよ」

「男の子かな、女の子かな?」

とひとりごちてみたら、律儀に、男の子のところで頭を振り、女の子、のところで首を縦に振る。

自分から性別を教えてくれる健気な胎児である。

 

しばらくすると「もう生まれていい?」と聞いてくる。

出産のときを母に教えてくれる、これまた周到な胎児である。

 

「もう少し、ゆっくりしといて」と言ったのに、

布団の暖かさと一緒に、そのうち娘がもぞもぞ出てくる。

 

本当の陣痛に比べたら暢気きわまりなくてはたかれそうだが、私自身が予定帝王切開経験者で陣痛がわからないのと、本気で痛がって実際の出産を再現することが目的ではないので、

「うーん、うーん、生まれそうー」と10秒くらいすると、ニコニコした娘が出てきて、再びおなかに乗ってくる。

 

「プリンセスが生まれたよお」と言うので、

「あらあ、かわいいプリンセスが生まれたっ」と合わせる。

「かわいいから、お名前はまいちゃんにしよう。プリンセスまいちゃん、今日からよろしくね。ママのところに来てくれてありがと。」

 

布団から生まれたばかりの娘が、ほかほかあったかい。

息子が、姉の誕生を不思議そうに見ている。

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子