つまがたり

どうでもいいことを、あーでもないこーでもないと大真面目に。2児の母が、悩みながら考えたことをつづりつつ、どうにか前に進もうとするひとり語りブログです。

さよなら、オラフの「8」

娘は今、数字の練習をしている。

8の字には、昨夏、相当苦労した。

たくさんたくさん練習してもなかなか書けなかった。

ワークシートの練習だけでは書けるようにならず、A4サイズのコピー用紙に何度も書いた。

 

それでもなかなかかけなくて、なぜか○が3つ重なって、オラフのような姿の8になっていたのだが、今探してもその紙はない。

 

少しマシになった8だけが出てきた。

こんなふうに。

f:id:umet:20180111051318j:plain

8の字、線がクロスするところはとても難しかったようで、

左のほうに私のいたずら書きがある。

ほら、こうやってやればいいんだよ。雪だるまができるよ。お魚ができるよ。と言ってみたらしい。

 

娘の「8」はこの時点でも、だいぶ怪しいけれど、とりあえず○がふたつ重なった形にはなっている。

この紙にはもう、○が3つのオラフ状態の8はない。 

 

今はちょっと思う。娘の、「オラフの8」の紙を残しておけばよかったな。

つい数ヶ月前自分が書いたオラフの8を見せたら、娘は笑ったのかしら。

 

意味の世界へようこそ。

 

娘の8は「8」だ。

8を書くときは「8」と書く。

もう娘は、オラフの8を書かない。書けない。

 

娘がまだ「できない」こと、そのことを愛でるのは難しい。

ひらがなでも数字でも水泳でも、私はできるようになれ、なれ、と祈り、言い聞かせ、叱咤し、説明し、怒り、褒め、なだめすかし、なんとかできるようにさせようとしてる。

自分がとても愚かに感じるけれど、結局それしかできてない。

 

いつかはできるようになるんだから、と、できない今を愛でて、何も言わず、信じて笑って待てたらどんなにいいか。

 

プライバシーポリシー

© 2016-2018 梅つま子